ピンキープラスの飲み方

ピンキープラスの飲み方や、飲むタイミングについて調べてみました。

 

ピンキープラスの飲み方は?

公式では「栄養補助食品として1日2粒を目安に、水またはぬるま湯でお召し上がりください。」という記載されています。とは言われても、1日の内に朝がいいの?お昼?夜がいいの?という感じですよね。

 

効果の出やすいタイミングは?

もっとも効果の期待できるおすすめの時間は「夕食前後」です。

 

何故夕食後がもっともおすすめできるタイミングかというと、まず食前後ということに着目しましょう。

 

食前後におすすめの理由は、栄養を補助する効果のあるサプリはご飯などを食べてその栄養を吸収する体の働きの力を借りることができるからです。その為胃にものが入るときや入ったあとなどがサプリメントに含まれている栄養を十分に吸収しやすいということになります。
そして次に夕飯のと気ということです。何故夕飯のときかと言いますと、夕食後は寝るからです。(夜勤などの方は寝る前最後の食事のときと考えてください。)

 

睡眠時、夜10時から2時の間の睡眠はホルモン分泌や美肌効果、体を太りにくくするなど女性には嬉しいことが詰まっています。何より注目したいのは「ホルモン分泌」です。
このピンキープラスには、胸を大きくする成分として有名な「プエラリア」が含まれていないません。その為最も大切なのが「成長ホルモンの分泌」「質のよい睡眠」となってきます。

 

この事を踏まえて、夕食前後の服用が一番おすすめとなります。

 

夕食前後に飲めない時は?

もしその時にのめないということであれば、空腹時がおすすめです。

 

空腹時は胃の空っぽの状態なので、サプリメントの栄養をダイレクトに胃にいれることができます。しかし食事しているときの方が胃は活発的です。その為胃酸も分泌されます。ですが空腹時の胃はそうではありません。

 

ではどうしたらいいのかといいますと、飲む5分から10分前に白湯を飲み胃の働きを良くしてからサプリメントを飲むという方法です。

 

飲む前に白湯などを飲まないといきなり入ってきたサプリメントに胃が驚いてしまい胃液を過剰分泌してしまうことも…そうなると胃炎などになり胃痛を引き起こしてしまう可能性があります。

 

ぜひ、空腹時に服用されるのであれば白湯を飲んだり軽食を挟んだりするようにしましょう。

 

飲む時に注意する事は?

用法用量を必ず守る

これはどんなサプリメントでも同じですが、用法や用量は必ず守るようにしましょう。体調不良やホルモンバランスを崩す可能性があります。効果を期待するあまり、多めに服用してしまうかたもいらっしゃいますが、危険なのでやめましょう。ピンキープラスは副作用のないことで有名で、安心して服用することができると言われていますが、それはあくまで用法用量を守った場合での話です。

 

水またはぬるま湯で飲む

飲み物ならなんでもいいなんて考えられる言語道断。ジュースなどで服用したら、せっかくのピンキープラスに含まれている栄養素の吸収を妨げてしまう可能性があります。必ず水またはぬるま湯で飲むようにしましょう。私は冷たい水は体を冷やしてしまうので、ぬるま湯で服用していました。

 

食後30分以上経過したあと

食後30分が経過したあとは、どんどん胃の働きが弱ってきます。その中でサプリメントを服用しても十分な効果を感じることはとても難しいでしょう。食後30分経ってから服用するのであれば、空腹時に白湯などで胃を刺激してからや次の食事の時まで時間をあけるようにするのがおすすめです。

 

ピンキープラス飲み方まとめ

個人的に朝や昼に服用したより、夕食前後に服用した方が効果を感じることができましたが人それぞれの生活習慣は違います。その為、夕食前後に服用しても効果を感じにくかったという方は他の時間に服用してみることをおすすめします。

 

⇒ピンキープラスの口コミはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です